活動内容

保全継承活動

当NPO法人では『明日の神話』公開記念日である11月17日を前に、毎年この時期の終電後の4日間、『明日の神話』の表面に付着したホコリを取り除く「すす払い」を行っています。
『明日の神話』が設置している場所は、1日に約30万人もの人々が行き交い、それだけに相応のホコリが壁画の表面に付着し、壁画の色が霞んでしまうほどです。場所柄、通行者がいなくなる終電後の深夜から始発前にかけて行わなければなりません。
参加者は、当NPO会員とサポーターの皆さんで、高く組まれた足場の上で、万が一でも絵にキズを付けないように注意しながら、専用の「はけ」で少しずつホコリをはらい、それを掃除機で吸い込ませていく作業を繰り返します。
『明日の神話』は渋谷のシンボリックなパブリックアートとして、すっかりと定着し、多くの来街者に鑑賞していただけるよう活動してます。

2020年度「明日の神話」すす払いを実施

2019年度「明日の神話」すす払いを実施

2018年度「明日の神話」すす払いを実施